本文へ移動

相続・遺言

Q.内縁の夫(妻)が死亡した場合、残された者はそのまま亡くなった人の名義の不動産に住む事は出来るのでしょうか?
Q.亡くなった人の名義の借家にその相続人が住むことはできるのでしょうか?
Q.遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)とは何でしょうか?
Q.我々相続人以外の第三者に全財産を遺贈するとの遺言が見つかりました。今後の生活に支障が出ます。一部でも相続財産を確保できないでしょうか?
Q.株券を自宅や貸金庫などで保管している場合、相続手続について気をつけることは何でしょうか?
Q.寄与分とはどういうものでしょうか?
Q.特別受益の持戻しとはどういうものでしょうか?
Q.相続財産を、遺産分割する(数人の相続人で分ける)には、どのような方法がありますか?
Q.遺産分割協議書とは何ですか?
Q.父の遺産を相続する手続きについて教えてください。
Q.相続の放棄とは、どういう効果を持つものなのですか?
Q.相続の承認とは、どういう効果を持つものなのですか?
Q.相続はいつ開始するのですか?相続が開始した後、死亡した人の財産はどのように管理され、処分されるのでしょうか?
Q.相続の対象となる財産には、どのような物があるのでしょうか?
Q.本人が死亡した時点で、すでに子が死亡しており、子の子(本人にとって孫)は相続できるのですか?
Q.夫(妻)が亡くなったのですが、私はどれだけの財産を相続できるのですか?遺言書はありません。
Q.法定相続分とはどのようになっていますか?
Q.相続欠格、廃除とは何ですか?
Q.相続財産は負債が多いので、相続を断ることができますか?
Q.相続人であるのに、相続ができない場合ってあるのですか?
Q.相続人になる人は決まっているのですか?
Q.相続と遺贈の違いは何ですか?
Q.「相続」とは何ですか?「被相続人」「相続人」という言葉を良く聞きますが、どういう意味ですか?
Q.本人が亡くなった後、遺言書が見つかった場合、遺族はどうすればよいのでしょうか?封がされている場合、開けて見てはだめなのでしょうか?
Q.遺言は、一度書いたら書き直せないのですか?
Q.遺言執行者とは何でしょうか?どんな役割をしますか?
Q.公正証書遺言を作るには証人が二人必要と聞きましたが、どんな人がなれるのですか?適当な方が見つからない場合はどうすればいいですか?
Q.遺言者が寝たきり等で公正証書遺言を作成するために公証役場まで出向けない場合は、どうしたらよいでしょう?
Q.公正証書遺言はどのように作りますか?
Q.自筆証書遺言を書き間違えたので、訂正はできるでしょうか?
Q.自筆証書遺言の書き方は?他人の代筆や、パソコン等で作成しても良いのでしょうか?
Q.同居して面倒を見てくれている子により多くの財産を相続させたいと思うのですが、可能でしょうか?
Q.遺言には何を書いてもいいのですか?
Q.遺言にはどんな種類があるのですか?
Q.夫婦二人で、死後お互いにすべての財産を残す、との1通の遺言を書こうと思っていますが可能ですか?
Q.高齢で認知症の疑いがあるのですが、遺言書を作成できますか?
Q.遺言を書きたいのですが、どんな書き方でも良いのですか?
TOPへ戻る